皮膚病用語集 皮膚病(ひふびょう)の症例写真

catch_119.jpg



2013年05月01日

皮膚病用語集1

・口のまわりに赤いぶつぶつが出て痛痒い皮膚病

 いわゆる“熱の華”で、再発性で出る前にムズ痒くなったり
 ピリピリしたりするので慣れていれば自己診断は容易です

 小さな水疱がかたまって存在します
 風邪の後や紫外線暴露などが誘因となります
 治療により不快な症状は速やかに軽快します

 よく似た症状に毛嚢炎(毛包炎)という細菌性のものもあり、
 初期には判別が難しい場合もあります

・皮膚病の写真や画像を探すなら、Yahoo!やGoogleの画像検索や
 イメージ検索を使うのが便利です

・皮膚病(ひふびょう)とは、皮膚疾患(ひふしっかん)、
 皮膚の病気、肌の病気と、同義です

・皮膚に起こる炎症などによってかゆくなりますが、精神的な
 影響も大きく、気になり出したり緊張したりするとかゆみが増し、
 ひっかけばさらにかゆみが増してきます

・皮膚病の写真、症例、症状は、本文記事をご覧ください

・金城皮膚性病科医院
 http://ishakoko.jp/631915

・皮膚病の症状・種類・治療大辞典
 http://皮膚病.eek.jp/
タグ:皮膚病
posted by スマイル at 18:06| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集2

・「湿疹」は、皮膚病のなかでも一番多いといわれています

 湿疹の原因には、外部からら受ける刺激によって起こるものや、
 ぱい菌によるもの、また、アレルギーによるものなど
 いろいろあります

 症状としては、皮膚がブツブツ赤くなったり、腫れるなどの
 炎症があり、これにかゆみがともないます

 このため湿疹の薬には、炎症を鎮めたりかゆみを止める
 はたらきのある成分が含まれており、製品としては軟膏剤が
 多くみられます

・手の皮膚病というものは、治療に非常に時間がかかります

  感染しているか否かが非常に重要になってくるのですが、
  まずは皮膚科に行く事をおすすめします

・膠原病とは皮膚、関節、筋肉などの結合組織や血管などの
 炎症により皮膚や内臓などの全身組織に障害が生じる病気です

・国医堂の「皮膚病血毒丸」は100余年の歴史があり、
 長い試行錯誤を経て次第に高度化してきた薬でもあって、
 治療効果が高いため、中国国内の皮膚病治療薬として高い
 位置にランクされています

・女子顔面黒皮症の発生箇所は顔になります
 1945年ごろから約10年間、化粧品の原料が原因で起こった
 皮膚病で、1970年にも発生していますが、1980年以降は
 ほとんど見られなくなりました
タグ:皮膚病
posted by スマイル at 18:05| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集3

・皮膚病の原因物質にそれ以上触れない環境をつくらない限り、
 治療の効果は上がりません。原因物質との接触がなくなれば、
 普通は1週間程度で皮膚の赤みはなくなります


 水疱は少しの間じくじくしてかさぶたになったりしますが、
 まもなく乾いて治ります。皮膚がかさついてはがれる、
 かゆい、一時的に皮膚が厚くなるといった症状は、
 数日から数週間ほど残る場合があります

・湿疹と皮膚炎は近頃は殆ど同じものとされています

 例えば脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)のことを
 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と、
 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)のことを
 接触性湿疹(せっしょくせいしっしん)ということもあります

・慢性刺激性の皮膚炎は冬季に悪化することが多く、
 まず手と指全体が乾燥してゴワゴワになり、落屑が増え、
 指紋、掌紋が不鮮明になってきます

 ついで亀裂やびらん、紅斑、小水疱など、炎症性の症状が
 おこり、かゆみもでてきます

・頭、脇の下、陰部、下肢などの皮膚にはっきりとした赤い
 斑点があちこちにパラパラ出来る症状の皮膚病は、乾癬
 (かんせん)という皮膚病です
タグ:皮膚病
posted by スマイル at 18:05| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集4

・皮膚病の中でも、結構な事例がでているのが、この手に水泡が
 できてしまうこと
 水泡をつぶすと、透明で無臭の粘液が出てきます


・皮膚に現れる肉眼的変化を発疹(ほっしん)といいます
 皮膚自体の病気、皮膚以外の病気、薬物、
 心因性によるものなどさまざまな原因で起こり、
 かつ発疹の種類も非常に多彩です

・子供の皮膚の異常から考えられる主な病気
 http://health.goo.ne.jp/medical/chart/040.html

・イボもミズイボもウオノメもタコも、いずれも皮膚病の俗称です

・湿疹は、体のどこにでもでき、急性期には、痒みが強く、紅斑、
 丘疹、水泡などができる皮膚病です

・老人性皮膚掻痒症は、名前のとおり、ある程度お年寄りの方に
 多い皮膚病ですが、新陳代謝の低下する甲状腺機能低下症の人や、
 病後や無理なダイエットによって栄養状態が悪くなった場合にも
 よく似た皮膚病があらわれることがあります

・アレルギー性皮膚炎とはアレルギーを原因とする皮膚病の
 総称です

・爪カンジダ症、爪白癬は、爪の皮膚病です
posted by スマイル at 18:04| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集5

・皮膚病梅毒では、手のひらが赤くなり白い皮が剥けるようになり、
 痒みはありません

・水虫とたむしは通称で、どちらも白癬菌(はくせんきん)という
 糸状のカビが足のうらや指の間などに寄生してに寄生して
 発生する皮膚病です

・アトピー性皮膚炎など、皮膚病の多くは食事や睡眠不足体力
 低下によって、免疫のバランスが崩れるとなる病気です

 食べ物を改善し、夜は10時までに寝る事などの養生はとても
 大事です

・CiNii - アレルギー性皮膚病疾患の病態と治療
 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006884764/

・植物によるかぶれを植物皮膚炎(草かぶれ)といいます

 ウルシによるかぶれ(うるし皮膚炎)、ハゼによるかぶれ
 (はぜ皮膚炎)、ギンナンによるかぶれ(ぎんなん皮膚炎)、
 桜草によるかぶれ(桜草皮膚炎)が有名です

・アトピーの治療の基本はステロイド外用薬であるということは。
 全世界の皮膚科医の共通の意見であり、ステロイドなしで
 治療しようとしてもなかなかうまく行くものではありません

 ステロイドを使わない治療にこだわるあまり、皮膚炎が非常に
 悪化して困っている患者さんをしばしばみかけるのは、
 大変残念なことです

・皮膚病の写真症例をサイト内で多数リンクしています
タグ:皮膚病
posted by スマイル at 18:03| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集6

・皮膚病の中でも、特にアトピー性皮膚炎の患者は、
 増加し続けています



・皮膚がんの原因の多くは、紫外線によるものです

 近年の高齢化社会で、その影響が顕著に見られるように、
 なってきています 

 特に50歳を過ぎての、
 肌露出部分の変化には注意をしてください

 手のひらや、足の裏にあるほくろが成長する場合は、
 皮膚がんが発症している恐れがありますので、
 専門医を受診してください

・皮膚病と糖尿病には、深いかかわりがあります

 糖尿病から発症する足の病気では、最悪の場合、
 足を切断することになりますので、
 足の皮膚組織のケアは、非常に重要です
posted by スマイル at 18:03| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皮膚病用語集7

・皮膚病の代表的な治療法には、以下のものがあります

 ・レーザー療法
 ・手術
 ・皮膚外用療法
 ・内服療法
 ・紫外線療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法)
 ・液体窒素療法
 ・ケミカルピーリング
 ・イオントフォレーシス

・最近の美容医療の進歩により、
 皮膚の若返りのブームの兆しがあります

 但し、治療としての根拠があるのかどうかは、
 専門家の判断や、書籍やネットの情報を確かめてから、
 始めるようにしてください

・高齢者に多い褥瘡(床ずれ)の予防に、最近では、
 体圧分散寝具(褥瘡予防ベッド)も普及しはじめています
タグ:皮膚病
posted by スマイル at 18:02| 皮膚病用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。